新古車のキャンセル

新古車をキャンセルすることは可能なの?

新古車の購入契約後のキャンセルはできるのでしょうか?

 

 

新古車をキャンセルしたい 

 

 

 

折角見付けたお気に入りの新古車でも、契約をした後で考えてみたら他の車にすればよかった、多少気になる部分があったなどの理由からキャンセルをしたいと思うこともあるでしょう。

 

 

新車の場合には注文後にもう製造に入ってしまっていると原則的にキャンセルは難しいですが、新古車は既に車として存在しているだけに、契約後にキャンセルすることは可能です。

 

下記に新古車をキャンセルできる理由と方法をまとめました。

 

 

 

新古車の契約が成立しているかどうかがキャンセルできるかどうかのポイント

 

新古車をキャンセルしたいと思ったときに、契約が成立しているかどうかがポイントになってきます。

 

 

新古車をキャンセルするときに契約が成立しているか? 

 

 

契約とは普通に考えると契約書に署名をして捺印をした時点で成立するものです。

 

しかし、日本中古自動車販売協会連合会(以下、JU中販連)に加盟している新古車販売業者の場合、その車の名義登録が行われた、または車両の引渡しが完了した、もしくは購入者の依頼によって車両自体に修理などの手が加えられた時点で契約とみなす規定があります。

 

 

つまり、購入契約をした新古車でも、このいずれも行われていない状態であればまだキャンセルができるということになります。

 

 

 

JU中販連に加盟していない新古車販売店の場合はキャンセルできる条件が異なる

 

新古車販売店がJU中販連に加盟していない場合には、キャンセルできる条件が異なってきます。

 

 

 

JU中販連未加盟店における新古車の契約成立条件 

 

 

問題はその新古車販売店がJU中販連に加盟しているかどうかです。

 

加盟店であれば必ず上記の契約条件が適用されるので、どれも行われていない状態なら問題なくキャンセルができます。

 

JU中販連に未加盟の新古車販売店では、契約書に署名・捺印をした時点で契約とみなされても仕方がないという現実があります。

 

 

 

この場合にはその販売店との話し合いになると考えてください。

 

キャンセル料を支払うことでキャンセルが可能なことも多いです。

 

 

 

新古車を無条件でキャンセルができるケース

 

契約完了でも、新古車を無条件でキャンセルできるケースもあります。

 

 

事前の情報と違う場合には新古車を無条件にキャンセルできる 

 

 

 

例えU中販連に加盟している販売店で契約条件を満たした後でも、その新古車について事前の情報とは異なる点があった場合は話が別です。

 

 

新古車では自分では確認をしなかったが走行距離が300キロ程度だと聞いていたのが実際には1000キロを超えていたような場合や、オプション構成が契約書とは違っていたような場合がこれに当たります。

 

購入する新古車において契約後に、契約前の説明と走行距離の違う、装備やオプションなどが異なることが発覚した場合でも無条件にキャンセルすることができます。

 

 

要は車の状態に関して、事前の説明と何かしらでもウソがあった場合には無条件でキャンセルが可能だということです。

 

 

 

新古車はクーリングオフ制度が適用されない

 

クーリングオフ制度を使って新古車をキャンセルすることはできません。

 

 

新古車はクーリングオフでキャンセルできません 

 

 

 

契約後のキャンセルというと、真っ先にクーリングオフ制度が適用できないかと考える人も多いでしょう。

 

ですが、新古車の販売においてはこのクーリングオフは適用外となります。

 

 

元々クーリングオフ制度とは、訪問販売法における制度のため、自ら探して新古車を購入しようとするケースには適用されないのです。

 

クーリングオフは原則的に、業者側が電話を掛けてきた場合や、自宅を訪問して契約を結んだ場合のみ、期間内であれば一方的に契約をキャンセルできるという制度です。

 

 

 

稀なケースですが…新古車をクーリングオフでキャンセルできる場合

 

 

新古車をクーリングオフでキャンセルできることもある 

 

 

ものすごく稀なケースになりますが、もし新古車業者からの電話や自宅を訪問して新古車の紹介を受けた場合です。

 

それに興味をもって実際に新古車を見に行き、気に入ったので契約をしたといったようなケースであれば、このクーリングオフ制度が利用してキャンセルできるかも知れません。

 

 

新古車を購入する方法として多いのは、ネットで検索をした場合や、新古車業者を周って自分で見付けた場合ですが、そのようなケースではクーリングオフ制度を利用してキャンセルすることはできないので注意しましょう。

 

 

 

どうしても新古車をキャンセルしたい場合

 

新古車をどうしてもキャンセルしたいならキャンセル料を払う 

 

 

契約として成立してしまっているケースでどうしても新古車をキャンセルしたい場合には、キャンセル料を支払ってキャンセルすることを願い出てみましょう。

 

ここで書いてきたキャンセルについては、あくまで一切違約金の類が発生せずにキャンセルできるケースであって、上にも少し書きましたが、キャンセル料を支払えば大丈夫なケースが多くあります。

 

新古車のキャンセル料の相場とは?

 

新古車のキャンセル料の相場はその車の価格の10%が相場だと言われています。

 

 

新古車のキャンセル料の相場 

 

 

これについては明確な規定はないので販売店によっても異なりますが、この程度であれば契約が成立してしまった後のキャンセルに対して支払っても仕方がないでしょう。

 

 

 

あまりに高い場合には消費者生活センターへの相談も視野に入れてください。

 

例えば300万円の新古車に対して100万円のキャンセル料などといった明らかに不当だと思われる金額をそのまま支払う必要はありません。

 

ただし、結局はその新古車販売店との話し合いで解決することになるので、最初からあまり感情的にならないように気を付けてください。

 

 

 

 

そもそも、新古車って何?と思われる方はこちらをどうぞ♪

 

新古車とは

トップへ戻る