新古車の走行距離

新古車は走行距離によって特徴が変わる?

 

新古車とは走行距離がほとんど進んでいない未使用車のことを指します。

 

 

新古車の走行距離の特徴 

 

 

一度は登録された車ですが、まだ使用していないという意味で、車として完成しているのですぐに好みの車を選ぶことができ、新車より価格が安いという点と、税制の優遇を受けられる点からとても人気になっています。

 

 

 

ですが、ここで言う未使用とは全く使用していないという意味ではなく、実際にユーザーとして使用していない車だと解釈してください。

 

新古車は未使用なので、走行距離はそれなりに少ないのが普通ですが、厳密に新古車の走行距離は『何キロまで』というルールはなく、曖昧になっているのが現状です。

 

 

 

新古車の走行距離と種類

 

新古車の走行距離と種類について説明しますね。

 

 

新古車の走行距離と種類 

 

 

同じように新古車として発売されている車にも細かく分けると種類があります。

 

走行距離100km未満

まずはメーカーに発注された車が何らかの理由で納車前にキャンセルになり、もう注文自体の取り消しが効かなかったために完成してしまった車が新古車として出回ることがあります。

 

この場合の新古車の実際の走行距離は、試し乗りをした運転距離くらいなものです。

 

走行距離はせいぜい100km未満です。

 

 

 

走行距離50km未満

次に、ディーラーがメーカーからの販売目標を達成するために自腹で注文した車です。

 

新古車で一番多いのは実はこのケースで、この場合もほとんど走行距離は伸びません。

 

走行距離は50km未満が普通です。

 

 

 

走行距離1000km程度

また、ディーラーやメーカーの展示車、もしくは試乗車も新古車として販売されることになる場合があります。

 

展示車の場合はそのための利用によって走行距離が進むことはありませんが、試乗車の場合は結構進んでしまうことがあります。

 

新古車にしては走行距離が進んでいる車は、この試乗車だった可能性が高いと言っていいでしょう。

 

試乗車だった新古車の場合の走行距離は、1000km程度くらいまで進んでいることもあります。

 

 

 

新古車の走行距離はどれくらい?

 

新古車の走行距離はどれくらいが普通なのでしょうか?

 

 

新古車の走行距離は普通どのくらい? 

 

 

注文後にキャンセルされた車やディーラーが自腹を切った車の場合の新古車は、ほとんど走行距離が進んでいないのが普通です。

 

試し乗りをしたとにしても、何百キロも走っていることはなく、中には販売するお店まで実際に運転して移動させることもありますが、多くはトレーラーなどの積載車に積まれての移動になるので、少なければ50キロ以下、多くても100キロ程度だと考えてください。

 

つまり、走行距離が100キロ以下であれば、このような車だと推測することができます。

 

 

一昔前には走行距離をごまかすために、メーターの巻き戻しなどの改ざんがニュースになったことがありましたが、現在の車は走行距離を示すオドメーターがデジタル化しているので、販売業者によってそのような悪さをされている心配はありません。

 

 

 

逆に走行距離が100キロを大きく越えているような新古車の場合、試乗車だった可能性がとても高いです。

 

特に人気のコンパクトカーやハイブリッドカーでは試乗車が結構頻繁に使われるため、300キロ、500キロといった距離まで進んでいることも珍しくありません。

 

それでも販売される時には上記のようなほとんど乗られていない車と同様に新古車という括りになります。

 

 

 

新古車の走行距離は少ない方が良い?

 

新古車の走行距離は少ない方が良いのでしょうか?

 

 

新古車の走行距離は少ない方が良いの? 

 

 

新古車を購入する際には、なるべく走行距離が少ない車を選びたいと思うのが普通です。

 

一般的に、車は売却する際にも走行距離が多いほどその価値が下がっていくものです。

 

 

 

特に新古車の場合は走行距離によって、ほとんど実際に乗られていない車なのか、試乗車などに使われていた車なのかが分かるだけに、走行距離はとても大切な要素になります。

 

よって、新古車を購入する際には走行距離が50キロ以下の車を選択すると、ほとんど乗られていなかった車である可能性がとても高いです。

 

 

 

しかし、車は試乗程度でどこかが痛んでしまうようなものでもありません。

 

試乗車として利用されていた場合、200キロ、300キロという走行距離まで進んでいることも多いですが、今の日本車は軽く10万キロは走ります。

 

そのうちの300キロくらいであれば、特に気にする必要はないとも言えますね。

 

 

 

新古車の走行距離が多いとラッキー?

 

新古車の走行距離が多いとラッキーです!

 

 

新古車の走行距離は多い方が良いの? 

 

 

新古車としては走行距離が多い車は、値引き交渉ができる可能性が高いからです。

 

 

売る側も300キロも走行距離があれば、新古車にしては多いということは分かっているので、積極的に交渉に応じてもらえることでしょう。

 

 

 

また、走行距離が多い新古車のもう1つの利点として、初期の不具合が無かったという証明にもなります。

 

考えようによっては、誰かが先にそれをチェックをしてくれたと思えばいいのです。

 

更に価格まで下げてもらえるようであれば、走行距離がちょっと多い車の方が有利だという考え方もできます。

 

 

 

このように、新古車は走行距離が少ない方が良いとは限りません。

 

限りなく新車に近い車が欲しい場合は別ですが、価格交渉ができたり、走行テストが終わっているという点から、逆に走行距離が少し多い車を選ぶという手もあるということですね♪

 

 

⇒新古車を安く購入する方法はこちら♪

トップへ戻る